読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LinkRingBlog

オススメの雑貨紹介、遊びや旅行のネタ紹介、千葉大好き、ちょっと真面目な読み物などなど。

【自己啓発】就職・転職・結婚・独立…決断に迷っている方必読!千田琢哉の名言たち。

千田琢哉さんの本、『たった2分で決断できる。 迷ったときに気づきをくれる63の運命の言葉』を読了しました。

実は僕自身、最近は転職をしようか迷っている身です。迷っているとはいっても、自分の中ではすでに答えは出ていて…だけど踏み出せない。そんなときにこの本を読んで、すこし背中を押してくれた気がしました。

今回は、この本から自分が惹かれた部分を抜粋しながら要約して紹介しようと思います!

この本には、お金の悩み、恋人との悩み、仕事の悩み、などいろんな悩みに対する決断に対して背中を押してくれる言葉が紹介されていますが、今の僕の都合上、転職に関して背中を押してくれる言葉が多く紹介させて頂いてます笑。

僕がひかれた言葉たち

幸せとは何か。「やりたい」と直感したことを実現させることである。

世間体で「こう見られたい」とういうことではなく、あなた自身が心底「やりたい」と感じたことを、 いくつあなたの人生で実現させることができるかが、あなたの幸せを決める。

多くの人が決断する際に頭に思い浮かべるのは他の誰かの顔。

人生で大切なのは、他人事ではなく自分事のほう。 他人の顔を伺うのではなく、自分が後悔しない道を選ぶ。 進学・就職・転職・結婚・独立など自分に直接関わってくる場合は、自分に嘘をついたら必ず後悔する。

自分に嘘をついたら10年後に後遺症がのこる

自分に嘘をついたら、その後の人生ずっと後遺症に悩ませられながら生きていくことになる。 自分だけには嘘をついてはいけない。

周囲が反対したら、GOサイン

自分に嘘をつかない決断とは周囲に反対される選択肢を選ぶこと。 これを一度もやったことがない人はきっと怖いにちがいない。 多くの人は本当にやりたい選択肢を捨てて、周囲から賛成してもらえそうな選択肢を選ぶ続ける人生で幕を閉じる。 そして死に際にこう思う。 「一度くらい自分の好きなことをやってみたかった・・・」

決断で迷っている場合、最終的に答えは「やる」か「やらない」かの2択でとてもシンプル。

でも実際は、「やる」「やらない」ではなく、 どちらが周囲に反対されない無難な選択肢か、で迷ってはいないか?

周囲に反対されるのに迷っているということは、相当やりたい証拠なのに。

今すぐ儲からない方が本当にやりたい選択肢

今すぐ儲かる選択肢は、今すぐ儲かるにも関わらず、選ぶことをためらわれている。 つまり「今すぐ儲かる」にも関わらず、決断をためらうほどに魅力がないということ。 「今すぐ儲からない選択肢」こそが本当にやりたいことではないか?

5年先輩と10年先輩を見て、自分の将来を予測する

出世を目指すか、転職するか、独立するかで悩んでる人、 人生の転機になるのだから悩むのは当たり前。 だが決断の材料はとても身近な場所にいる。 それは5年先輩と10年先輩。

「自分はあんなふうにだけはなりたくない」 「自分もあんなふうに輝きたい」

人によって様々な感想をもつだろうが、その直感は全て正しい。 なぜならそれは将来のあなたの姿だから。

仕事はプロになったほうが絶対楽しい

組織の中でプロと呼べるのはせいぜい上位2割程度。 残りの8割は会社の看板を背負ってプロのふりをしているが本当はプロではない。 しかし残り8割のプロでない人は得をしているかというとそうではない。 プロじゃない自分を偽りながら組織に居座るのは心身ともに疲労困憊する。 だから何としてもあなたは上位2割のプロ集団に食い込むこと。

特に20台のうちは上位2割に食い込むために人生全てを捧げるべき。 換言すれば、人生を捧げる価値の無い仕事などやめてしまうこと。 せっかく入社した会社を辞めてしまうリスクよりも、残りの人生の貴重な時間を不向きな分野に費やして、 無駄遣いするリスクのほうがはるかに高い。 いったん上位2割に食い込めばそこには天国が待っている。

プロはひたすら成果のみで貢献しようとする

汗をかいてそれを見てもらおうというのはとてもいやらしい行為。 汗をかいていることをアピールする人は、普段サボっているだけの話。 涼しい顔してスムーズに仕事が運んだということは普段から汗をかいているからできること。 汗をかくのは普段誰にも見られない場所でいい。 人に見られる場所では優雅に振る舞えるように準備をすること。

出た結果は事実

出た結果にたいして文句を言うと、結果が出せない人間になっていく。 出た結果に対しては、相手がだれであろうとひたすら敬意を示すこと。

1日でも早く生涯賃金を稼ぎ終える。

好きなことが出来る時間こそが、「本当の人生」と呼ぶにふさわしい時間。 仮に定年まで勤続するにしても1日でも早く生涯賃金を稼ぎ終えようとして働いた時間は中身が格段に濃い。

1%も夢に繋がっていないことに時間を費やせるほど、人生は長くない

今の人生の延長線上に、自分の幸せはないとうすうす感じているのに、毎日をただ慢全とすごしてはいないか。 今やっていることが1%でも夢に繋がっていれば、多少の苦痛をかんじたとしても、平気でいられるはずだ。

単独行動すると自分の本来の実力が露呈される。

ひとりひとりはまるでヒツジのように弱いのに、メェメェ群がった途端、本来の実力を忘れてしまう。 群がっている本人たちは全員無意識に気持ちが大きくなる。 これに気づくためには、まず群れから飛び出して見ること。

死に際に、腹の底から笑えるか。

自分の人生は自分で100%決断していい。 とことん逃げまわるのもいいだろう。 だがもしあなたが今までと違う人生を歩いてみたいのであれば、決断しなければなにも変わらない。 どうにも決断するのに切羽詰まったときの基準はこれしかない。 死に際にどちらを選んだら腹の底から笑えるか。 死に際に腹の底から笑える決断をしておけば、誰になんと言われても構わない。 納得して生きる人生ほど素晴らしいものはない。

普通の人がお金もちになる方法はたくさん本を読むことしかない

読書家の全てがお金持ちとは限らないが、お金持ちはすべて読書家。 これから先、遭遇する壁とその乗り越え方はどこかの誰かが書いてくれている。 お金持ちになりたかったらまず本を読む。

感想!!

最初に書いた通り、転職に関係する言葉を多く紹介してしまってますね。。。 この本は、仕事以外にも、恋人の悩み、時間の悩み、お金の悩み・・・など いろんなことに悩んでいるあなたに解決の糸口を与えてくれると思います!

ちょっとそれは言い過ぎじゃない・・・?みたいに思うところもありますが笑、 悩み多き方の背中をおしてくれるいい本です!

ページ数の割に文字すくないので、スッと読むことが出来ると思います!

最後に自分に向けて一言。

今日が人生最後の日だとして、今日これからやることは、本当にやりたいことか? 何日もの間NOという答えが続いたときは、何かを変えなければならない。 - スティーブ・ジョブス-