読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LinkRingBlog

オススメの雑貨紹介、遊びや旅行のネタ紹介、千葉大好き、ちょっと真面目な読み物などなど。

【ベストバイ】自信を持ってオススメするWiFi対応体重計「Withings Smart Body Analyzer」

f:id:Lync:20150524223530j:plain

 

本日は、ぼくが最も優秀な体重計と信じる、
『Withings Smart Body Analyzer』をご紹介します!

 

【オススメポイント1】体重計に乗るだけで、グラフを勝手に作ってくれる

『Withings Smart Body Analyzer』の最大の特徴は、
データをWiFi経由でサーバに送り、サーバ上でデータを管理してくれること。

 

データは、PCやスマホアプリ『Health Mate by Withings』から閲覧可能。
つまり毎日体重計に乗るだけで、日々の体重の変化を勝手にグラフにしてくれて、
それを閲覧することができるのです。

▼『Health Mate by Withings』から体重を参照している画面

f:id:Lync:20150524223546p:plain

データを貯めていけば、半年とか、1年とか長いスパンで体重の推移を見れるので、
「太っちゃったな、やせなきゃな、、、」とか、
「この体重を維持しないとな」、といった分析が簡単に出来ますね。

 

【オススメポイント2】『Health Mate by Withings』の万歩計機能も利用して健康増進!

『Health Mate by Withings』は万歩計機能も備えているので、
測定した体重の参照だけでなく、一日に歩いた歩数も記録してくれて超便利。
歩数については、厚生労働省が1日1万歩歩くことを健康に良いとして提唱しているので、
1日1万歩を目標として、Withingsで達成度の管理をしてみてはいかがでしょうか?

▼『Health Mate by Withings』から歩数を参照している画面

f:id:Lync:20150524223604j:plain

▼厚生労働省

http://www1.mhlw.go.jp/topics/kenko21_11/b2.html

 

【オススメポイント3】家族毎にデータを自動で振り分け!


初期登録のときに基本体重とユーザ名をWebで登録するのですが、
そのときに入力した基本体重をもとに、体重計に乗った人のユーザ名を判別してグラフにしてくれるので、
体重計を利用する人が複数いても、その人ごとにグラフを作ってくれるんです。

たとえば、
同棲中のカップルとか、
家族みんなでとか、
複数人でもそれぞれ別にグラフを作ってくれるので、
こりゃもう便利ですよね。最大8人まで登録可能とのこと。
※体重が近すぎるとダメな気はしますが・・・。

まとめ

無線LAN環境が必須となりますが、
この体重計があれば毎日体重計に乗るのが楽しくなります。

価格は¥16,000前後と体重計にしてはやや高めかもしれませんが、
購入から2年めを迎えるわが家ではまだまだ現役で大活躍です。

Amazonのカスタマーレビューでは、
日によってかなり測定値が変わるというレビューがありますが
実際に使ってみて、そんな風には感じないですよ。