LinkRingBlog

オススメの雑貨紹介、遊びや旅行のネタ紹介、千葉大好き、ちょっと真面目な読み物などなど。

【相談】ねぇ、ドラム式洗濯機って結局どれを買えばいいの??メーカーによる特徴の違いをまとめてみた!

今回は、ドラム式洗濯機を選ぶ時のポイントをヤマダ電機の販売員の方から聞いてきたのでそちらをまとめました。

現在、ドラム式洗濯機の購入を考えているのですが、正直どれを買えばいいかわからないというぼくと同じ境遇の方の参考になればと思います。

 

結局どのメーカーを選べばいいのか?

ドラム式洗濯機を作っているメーカーといえば、パナソニック、日立、東芝、シャープといったところが主要メーカー。

ではメーカーによってどんな違いがあるのか??まずはここが気になるところですよね。

ここさえ決まればあとは欲しい機能に合わせて、上位モデル、下位モデルのどこらへんで折り合いをつけるか?といった話です。

まずはメーカーの違いを簡単に表にまとめてみました!

メーカー洗浄力乾燥の仕上がり省エネ性静音性
パナソニック
日立 ◯+
東芝
シャープ

詳しくは下記にて説明します。

 

洗浄力で選ぶならパナソニック。「泡洗浄」「温水機能」など洗浄機能が強力。

Panasonic ドラム式洗濯乾燥機 左開き 10kg クリスタルホワイト NA-VX9500L-W
Panasonic ドラム式洗濯乾燥機 左開き 10kg クリスタルホワイト NA-VX9500L-W

パナソニックのドラム式洗濯機の強みはなんといっても洗浄力。

「泡洗浄」はたっぷりの泡で汚れを浮かしながら洗う機能で、泥汚れなどガンコな汚れにも対応出来ます。また、「温水機能」も洗浄機能を高めてくれる一つの機能。

パナソニックさんの研究によると、洗濯に使う水の温度が15℃を下回ると、汚れの落ちがガクンと下がってしまうそうです。ただ日本では、水の温度が15℃を下回ってしまうのは当たり前。そこでパナソニックの温水機能は、洗濯に使う水を15℃まで温めることで冬でも洗浄力を維持するという機能です。

 

「泡洗浄」と「温水機能」による強力な洗浄力がパナソニックの洗濯機の魅力ですが、
ただ、温水機能がついている機種は上位モデルになるので、そこらへんは予算と相談が必要です。家電量販店とかにいけばわかると思いますが、パナソニックのドラム式洗濯機は比較的ほかのドラム式洗濯機に比べて高いですね。

 

乾燥の仕上がりを再優先にするなら日立。「ナイアガラ洗浄」などの優れた洗浄力も魅力。

日立 10.0kg ドラム式洗濯乾燥機【左開き】ライトベージュHITACHI BD-S8600L-C
日立 10.0kg ドラム式洗濯乾燥機【左開き】ライトベージュHITACHI BD-S8600L-C

日立のドラム式乾燥機には「風アイロン」という機能がついていて、乾燥のときに、高速風を洗濯物にあてることでシワを伸ばし、アイロンがけの手間を省くという機能です。

また、ナイアガラ洗浄というたっぷりの水を使って洗濯物を洗う機能は、洗浄力はもちろん、タオルなどの乾燥の仕上がりをふわふわにしてくれます。乾燥力で言うなら日立を選ぶのが良いでしょう。

ただ、日立のドラム式乾燥機のデメリットは省エネ性。日立の乾燥方式は他メーカーにはない独自のもので、パナソニックや東芝などは水を使わない乾燥方式なのですが、日立は乾燥に少し水を使う方式を用いています。

また、ナイアガラ洗浄は水をしっかり使って洗おう!という機能なので、
他のメーカーに比べて水を多めに利用するためですね。

 

静音性を優先するなら東芝。独自開発のサスペンションで優れた静音性を実現。

東芝 9.0kg ドラム式洗濯乾燥機【左開き】グランホワイトTOSHIBA マジックドラム ピコイオン TW-Z96V2ML-W
東芝 9.0kg ドラム式洗濯乾燥機【左開き】グランホワイトTOSHIBA マジックドラム ピコイオン TW-Z96V2ML-W

東芝の洗濯機の優れた点は静音性。共働きでマンション住まい。2人とも帰宅はいつも遅くて、夜しか洗濯できない・・・。なんてゆう方々にオススメの製品です。

電気屋さんの方によると、洗濯機を回しながらリビングでくつろいでいても音がしないってゆうくらい静かみたいですよ。

省エネなどにも配慮された設計になっているそう。

よく言えばバランスタイプのシャープ。ただそれがゆえに勧めづらい。

シャープ 9.0kg ドラム式洗濯乾燥機【右開き】ゴールド系SHARP プラズマクラスター洗濯乾燥機 ES-Z200-NR
シャープ 9.0kg ドラム式洗濯乾燥機【右開き】ゴールド系SHARP プラズマクラスター洗濯乾燥機 ES-Z200-NR

シャープは省エネ性にも優れているのですが、年配の方向けの機能が充実しているようです。ボタンを押すと喋ってくれるとか。

ただ洗浄力・乾燥機能・静音性などでどっちつかずのところがあるので、
販売員の方も勧めづらいとおっしゃってました。

自分的まとめ。

販売員の方に話を聞いて、日立にしようかなってゆうふうに思ってます。
なぜかというと、しっかり洗えて、Yシャツとかのシワもけっこう伸ばせる強力な乾燥機能が魅力だから。パナソニックの洗浄力も魅力なんだけど、日立の乾燥機能を知っちゃうとなぁ・・・って感じです。

日立はパナソニックに比べて、1回の洗濯でかかるお金が2円くらい高いらしいんだけど(省エネ性)、1回2円くらいだったらね。別にいいじゃんて感じです。

ちなみにお値段はパナソニックが一番高い感じ。10kgモデルで、値引きが入って23万くらい。

日立は10kgモデルで値引きが入って20万くらいだそう。白物家電10年と考えると、たった3万の違いではあるんだけど、この点でも日立に引かれますね。