読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LinkRingBlog

オススメの雑貨紹介、遊びや旅行のネタ紹介、千葉大好き、ちょっと真面目な読み物などなど。

【ラインナップ】よし、俺もスーツスタイルにこだわってみることにする。できるだけ金をかけずに。

できるだけお金をかけずにスーツスタイルをまとめるためにオススメのブランドをまとめました。
 

ワイシャツ

ワイシャツは寿命が短くどうしても消耗品となってしまうところがあると思います。なので、ここにはお金はあまりかけられません。ただ安すぎてこだわりのないシャツを買って後悔するのも考えモノ。ここはコスパのいいシャツを選びましょう。

 

ぼくは以前、ユニクロのあるシャツを買ったら薄すぎてスケスケ。シルエットは良かったのですが一度も着ずにリサイクルにだしたことがありました・・・。ただもちろん人によると思うし、どう着るかっていうのもあると思うので、批判してるわけではないです。夏に薄手のシャツとしてカジュアルに前開きで羽織るってのも有りだと思いますし。

 

鎌倉シャツ 価格帯は5000円から。

f:id:Lync:20151003193318j:plain

出典:http://shop.shirt.co.jp/shop/g/gKF0085213781/

MAKER‘S SHIRT KAMAKURA (鎌倉シャツ)は鎌倉市の店舗から全国ブランドへと成長したビジネスアイテムのブランド。
価格帯は約5000円からと製品のクオリティからは想像できないような低価格が魅力で、リピーターも多いのがうなずけます。「スリムフィット」と「クラッシックフィット」の2ライン。「スリムフィット」は着こなせれば実にスマートに見えます。

 

ぼくは、わりとスリムなシャツを来たいので、選ぶなら『スリムフィット』ですね。

鎌倉シャツのWeb通販サイトを見ていると、シンプルなものからカジュアルなものまで種類が実に豊富です。また、実店舗も都内に複数あるようなので、ぜひ一度店舗に足を運んで試着をしたいもの。

スーツスタイルはサイズ感が命と良く言われます。試着できるというのは非常に嬉しいですよね。

 

▼オフィシャルサイトより店舗一覧

店舗一覧 | メーカーズシャツ鎌倉 - MAKER'S SHIRT KAMAKURA

 

CAMICIANISTA(カミチャニスタ) 価格帯は5000円から。

CAMICIANISTA(カミチャニスタ) はリーズナブルなプライスながら、イタリア仕込み美しいシルエットのシャツを扱うブランドです。
同ブランドは、高級イタリアシャツの証ともいえる「本白蝶貝」のボタンを惜しげもなく使用。襟は柔らかくロール、フィット感のある身体に沿ったラインと本場イタリアのシャツのディテールをそのままに再現しています。にもかかわらず、プライスは5,000円台からあるのがまさに奇跡! ぜひまとめ買いをオススメします。

(出典:http://getnavi.jp/7509)

めちゃめちゃ気になるのですが、実店舗がない=試着ができないというのが残念。ところが1万円以上の購入であれば10日間は返品ができるようなので、そちらのサービスを使って試してみるというのがイイかもしれません。

f:id:Lync:20151003192819j:plain

出典:http://camicianista.com/products/detail.php?product_id=1086&category_id=67

土井縫工所 価格帯は7000円から。

土井縫向所の実店舗は現在、阪急メンズ大阪のみ。なのでオーダーはWebになるみたいですが、ショールームが東京、大阪両方にあるようなので、実際の商品はショールームで見れますね。

f:id:Lync:20151003193813j:plain

(出典:http://fashion.adeliepenguin.info/66.html)

土井縫工所のビジネスシャツはすべての工程にこだわりが詰め込まれており、長く大切に着たくなるような丁寧さが魅力のアイテムです。「着やすく、格好良く、美しく、丈夫で、コストパフォーマンスの良いもの」がモットーだとか。
価格帯は約7000円からで数多くのデザインも用意されています。

出典:http://getnavi.jp/7509

 

Original Stitch(オリジナルスティッチ) 価格帯は7000円から。

インターネットで簡単にフルオーダーメイドシャツを購入できる「Original Stitch(オリジナルスティッチ)」。

500種類を超えるデザインテンプレートをカスタマイズしながら、自分好みのお気に入りのシャツを作ることができます。

最近ラインナップに加わった「Hybrid Sensor」は、形態安定加工でストレッチ素材。防臭面では、国際宇宙ステーションの宇宙船内服開発に用られた消臭・抗菌・防臭技術「ムッシュオン」を応用しているという力の入れようです。。

また、速乾性でいうと、この生地は通常の綿100%に比べ速乾速度は約2倍だということ。

f:id:Lync:20160718191930j:plain

出典:ニオわず、ヨレず、すぐ乾く!最強のシャツ発見! | &GP

 

肌着

せっかくかっこいいワイシャツを着ても、肌着が透けていたりしてはポイント減。ジャケットを着ることが少ない夏場は特にそう。

ということで、夏場のオススメ肌着を紹介します。

 

MEN エアリズムシームレスVネックT(半袖)

f:id:Lync:20160709181944j:plain

まずはユニクロのエアリズム。

今年からエアリズムのラインナップにシームレスタイプが追加となりましたが、これがとてもイイ!!何が良いって、ワイシャツスタイルの下着として最高なんです

Vネックが深めに入っているので、暑くて第2ボタンまで開けても下着が見えない。ベージュであればワイシャツの上から透けて肌着が見えることもない。さらにシームレスなので、袖や首の部分がボコッと盛り上がって見えることもない。

これを着ればカッコいいワイシャツスタイルを演出できること間違いなしです。

1500円+税というお手頃感のある価格もいい感じです。

 

SEEK EE3417

最近は夏場にポロシャツOKな会社も増えてきていると思いますが、ポロシャツインナーとしてオススメ肌着を紹介。 

f:id:Lync:20160709182647j:plain

何がいいって短めの袖や深めのUネックのおかげで、ポロシャツから肌着が見えない点。ポロシャツから肌着がのぞいてしまうとダサいですからねぇー。

さらにワキには汗パッドが縫い付けてあります。汗ジミも防止してくれるのも嬉しいですねー。

 

スーツは価格を考えるとオリヒカとスーツセレクトが強い。

スーツは2万~3万でおさえたいところ。となると、やはりよく聞くブランドのスーツは購入できない(安くても5万超えになるでしょう)。そう考えると、2~3万円台のスーツを数多く出していて、かつシルエットもオシャレなオリヒカやスーツセレクトは強い。特にオススメはオリヒカ。キャンペーン等の際にいけば通常2,3万では買えないような素材でつくられたカッコイイスーツが普通に売っています。デザインも豊富。

 

靴下はすでにロングホーズでキメている。

靴下はすでにロングホーズと決めている。真面目な話してるときに、靴下のすそから肌とすね毛が見えてるってなんかイヤじゃないですか笑。
ちなみにぼくはハリソンの靴下を愛用中。1個1500円くらいだから靴下にしてはちょっと値が張るんだけど、ムリなレベルではない。
デザインはぜんぜん文句なし。ひとつ不満がある点としては(これは恐らくぼくの敏感肌が原因なのですが)ゴムの部分が夜になるとだんだんかゆくなってくるんですよね・・・。ただ、締め付けがひどいというわけでもないので、ほんとにぼくの肌の問題だと思います。

 ハリソン

靴下屋

ハリソンにかぎらず、靴下屋などでもロングホーズの靴下は取扱があります。いろいろと試してみる価値はありそうですね。
 

参考までに。

ネクタイの保管方法

www.mens-ex.jp

 ネクタイは丸めるでもなく吊るすでもなく、できるだけたたむ回数を少なくして平起きするのが正解。上に重ねるのも極力控えたほうが、購入時のふんわりとした表情を保てるとのこと。