読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LinkRingBlog

オススメの雑貨紹介、遊びや旅行のネタ紹介、千葉大好き、ちょっと真面目な読み物などなど。

【ベストバイ】一杯分のお茶を作る際にめちゃめちゃ便利。しかもおしゃれ。『KINTO ループ ティーストレーナー』

今回紹介するのは、KINTO(キントー)の『KINTO ループ ティーストレーナー』

KINTO ループ ティーストレーナー ブラック 27327

KINTO ループ ティーストレーナー ブラック 27327

 

  

KINTO ループ ティーストレーナー ホワイト 27326

KINTO ループ ティーストレーナー ホワイト 27326

 

 

手軽に一人分のお茶をいれられるスティックタイプの茶こし

『KINTO ループ ティーストレーナー』は手軽に一人分のお茶をいれられるスティックタイプの茶こし。使い方は、本体をスライドさせて、茶葉をすくい、

f:id:Lync:20151007204556j:plain

本体を閉じてお湯を注いだカップの中に放り込む、たったこれだけ。

f:id:Lync:20151007204627j:plain

ティーポットを洗う必要が無くなる

これ、何がいいかというと、洗い物が減るということ。普通に茶器で入れた場合は、茶こしとティーポットとカップも洗わないといけないけど、『KINTO ループ ティーストレーナー』であれば、本体とカップを洗うだけですみます。

 

カップの中で振ることで濃さを均一にできる。濃さの調整も可能!!

また、スティックタイプなのでカップの中で本体を振ることが可能です。これによって、お茶の濃さを均一にすることが可能です。また、ちょっと薄いなってときにはカップの中でちょっと強めに振ればさらにお茶を濃い目にすることも出来ますね。

 

しかもお手入れもカンタン。

そしてお手入れもカンタン。使い終わったら再び本体をスライドさせて茶葉をすてて水洗いをするだけ。気になる人は網の部分は外すことができるので、本体から外して洗剤で洗いましょう。

f:id:Lync:20151007204543j:plain

乾燥させたらあとはおしゃれな専用スタンドに立てておきましょう。

f:id:Lync:20151007204443j:plain

あくまで一杯分。ひとり暮らしや2人ぐらしの夫婦などに。

ただ、本製品はあくまで一杯分のお茶を茶葉から入れる時用の製品。大人数分を一度に作りたいとなれば、やはりティーポットは必要です。

 

一人暮らしの方や、二人暮らしの夫婦、「家族はいるけどお茶は自分しか飲まないわ」という方などに最適な製品ですね。

 

色は白と黒の二色展開。ただ白は使ってると変色が目立つかも。

色は白と黒の二色展開です。白がやはりかわいいなぁと思うんですが、白はやはり使っていると変色してしまいます。(そりゃお茶の中に突っ込んでるから仕方ないですね)。

 

この部分のメリデメを考えてどっちの色にするかを選択するといいと思います。

 

まぁ2人ぐらしの夫婦とかであれば、白と黒両方買ってこっちは自分の!とかってのもおしゃれですよねー。

 

耐久性には若干目をつむる必要もあるかも。

やはりプラスチック製のものでお湯に突っ込むということもあり、プラスチックの劣化によって本体が割れてしまうことなどもあります。数回しか使ってないのに壊れた!みたいなことはよっぽど出ないとないと思いますが、この点については購入前に認識しておきたいところ。

 

まとめ。お茶っ葉(LUPICIA)と一緒にプレゼントするのもあり。

いくつかデメリットはあるものの、やはりこの光景はとってもスマート!毎日お茶を飲む人にとってはライフハック的な製品になる可能性ありです。

f:id:Lync:20151007204627j:plain

お値段もAmazonでひとつ1,404円ということでわりとお手頃ですし、とりあえずポチってみるというのもいいかもしれません。

 

誕生日とかにLUPICIAでお茶っ葉を買って、これとセットにプレゼントってのもおしゃれですよね。

KINTO ループ ティーストレーナー ブラック 27327

KINTO ループ ティーストレーナー ブラック 27327

 

  

KINTO ループ ティーストレーナー ホワイト 27326

KINTO ループ ティーストレーナー ホワイト 27326