LinkRingBlog

オススメの雑貨紹介、遊びや旅行のネタ紹介、千葉大好き、ちょっと真面目な読み物などなど。

入社2年目のときに保険に入って失敗した話

自分が最近思っていることが、入社2年目のときに保険に入ったんだけど、失敗だったなぁということ。

 
正確に言うと、保険に入ったのが失敗なんじゃなくて、買った保険商品が失敗だった
 
保険の内容はこんな感じ。
・終身保険
・年間冬ボーナス1回払い
・ドル積み立て
・400ドル支払い×5年間
・60歳で約1000万に受け取れる計算
・ガンなどにかかったら60になる前に1000万の医療費が受け取れる。
こんなザックリな感じじゃなかったと思うので、のちほどちゃんと追記します。
 
ぼくが商品を買ったのは、3年前。そんときは絶賛円安中でドル支払いがラクだった。
 
このまま5年間突っ走ってしまおう!と思ったところでまさかのアベノミクス笑。支払額は日本円にして1.4倍くらいになった笑。
 

冬ボーナスがないと臨時支出の支払いがしんどい。

自分はいま結婚して数ヶ月。
 
同棲開始時に引っ越しをしたりプロポーズのときに婚約指輪買ったりしたんだけど、
 
やっぱそうゆうドンとくる臨時支出の支払いがとにかくしんどい。そして間もなく結婚式…
 
冬ボーナスがあればなぁとしみじみ思う。
 

とはいえ保険は若い時から積み立てておくべきだと思う。

とはいえやはり保険は若い時から終身保険に入って積み立てておくべきだと思う。
 
問題はその積み立て方。ぼくの場合は、最初は月1万とかで、毎月支払でコツコツ支払いにするべきだったんだろうなぁと思う
 
ドルコスト平均法によって為替変動とかの影響も避けられるし。
 
でとりあえずやってみて、もうちょい払えるなと思ったら、都度見直しとするべきだった。というか後述するがもうちょい払えると思った分は天引き貯金をすべきだった
 
保険の支払いによってキャッシュフローが破綻してしまったら元も子もない。
 
ただ自分はまだマシな方みたい。掛け捨ての保険に入った人はもっと悲惨なことになってるし…。
 

入社2年目くらいの方への保険のアドバイス

入社2年目くらいで保険の検討をしている方は、終身保険で、月々1〜2万円(本音は1万円でいいと思う)で、月々支払いにして、こつこつ支払うのがいいと思う。
 
んで、もっといける!って思っても保険の額を増やすのではなく天引き貯金をしていくのがいい
 
みんなはこれから結婚やらなんやらで多額のお金を支払わなければならないことになる。
 
そのときに天引き貯金してれば絶対役に立つ。
 
保険は途中で解約しようと思っても、違約金みたいな感じで減って帰ってくる場合もあるからね。流動性がないんだよね。
 
だからまずは天引き貯金。できるのであれば少額長期の終身保険。
 
本格的に保険にお金をかけるのは結婚式が終わってからでいいと思うのだよね…。。
 

まとめ

ちなみにこの本で読んだ保険の支払いは月々の給与(手取り)の5〜7%。大幅にオーバーしてるオレ。
お金が貯まるのは、どっち!?

お金が貯まるのは、どっち!?

 

 

そしてそもそも保険はよく考えずに入ってはいけない!終身保険に入るなら、老後、自分が月々どれくらいのお金を使う生活をしたいのか?などいろいろ考えてから入った方がいい。
 
少なくとも自分はだまされやすい、とかどちらかというとバカだ、
という人はお金の本を数冊読んでから入るようにしよう。
お金が貯まるのは、どっち!?

お金が貯まるのは、どっち!?

 

 ▼8年前の発売になってますが、例えばこれはとても良い本だと思います。

お金は銀行に預けるな   金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)

お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)