LinkRingBlog

オススメの雑貨紹介、遊びや旅行のネタ紹介、千葉大好き、ちょっと真面目な読み物などなど。

【ベストバイ】ハンドドリップの必需品『ハリオのV60 ドリップスケール』は抽出時間と湯量を同時に測定可能。

今回紹介するのは、ハリオのV60 ドリップスケール。 

 

What's ハリオ V60 ドリップスケール!?

美味しいコーヒー淹れる鉄則に「蒸らし30秒」という言葉がある。美味しいコーヒーを淹れるにはそれくらい時間が大切なポイントなんです。

 

ハリオのV60 ドリップスケールは、湯量と抽出時間を同時に測りながら、コーヒーを淹れることが出来る道具。競技会などでも愛用者が多いアイテムです。

ハリオ V60 ドリップスケール VST-2000B

ハリオ V60 ドリップスケール VST-2000B

 

 

ハリオV60ドリップスケールのオススメポイントを挙げていく。

【Good1】湯量と抽出時間を同時に測りながらハンドドリップが出来る

 コーヒーは豆の量、挽き具合い、鮮度、水の4つがポイントと言われますが、ハンドドリップはこれに加えて注ぎ(時間、注ぎ方)が加わります。

ハリオV60 ドリップスケールにより、このうち湯量と時間の管理が可能です。

ぜひ導入して美味しいコーヒーに一歩近づいて下さい。

 

【Good2】ハリオV60ステーションと一体化して利用できる

ドリップスケールはハリオV60ドリップステーションと一体化して利用できる。一式揃えれば家庭でも本格的なハンドドリップをすることができます。

f:id:Lync:20151017105000j:plain

(出典:ハリオ V60 ドリップスケール VST-2000B_ハリオ_通販_ Amazon|アマゾン)

 

ハリオ V60 ドリップスケールのう〜んポイントを挙げていく

【う〜ん1】液晶のバックライトがない

液晶のバックライトがないので暗いところで抽出するのは厳しい。ただそんなに暗いところで抽出するって機会もないと思うのでここは問題ないか。

 

【う〜ん2】時間計測はカウントアップ。

時間計測はカウントダウンでなく、カウントアッモードしかないので要注意です。とはいえハンドドリップの際はカウントアップの方がやりやすい気はしますけどねー。

 

【う〜ん3】お気に入りのタイマーとスケールがある人には不要か。

当たり前ですがそもそもお気に入りのタイマーとスケールを持つ人や、ドリップステーションとの合体に興味がない人にとっては不要かと思います。
 

まとめ。ハンドドリップセットが欲しい方やさらに一歩踏み込んだハンドドリップをしたい方に!

ハンドドリップセットを新たに欲しい方や、さらに一歩踏み込んで本格的なハンドドリップをしたい方にオススメの商品です。