LinkRingBlog

オススメの雑貨紹介、遊びや旅行のネタ紹介、千葉大好き、ちょっと真面目な読み物などなど。

清澄白河のおしゃれカフェをレビューしてみた!

f:id:Lync:20160725231247j:plain

出典:今話題のブルーボトルコーヒー日本1号店の清澄白河店に行ってきた! - アートが好きでごめんなさい

 

ブルーボトルコーヒーが出来てからコーヒーの街として注目を浴びる「清澄白河」。

 

ただ、素敵なカフェはブルーボトルコーヒーだけではありません。

むしろ、ブルーボトルコーヒーよりもオススメしたいカフェが清澄白河にはたくさんあるんです!

 

今回は、そんな清澄白河のおしゃれカフェをご紹介します!

 

いざ清澄白河へ! 

f:id:Lync:20160710200622j:plain

出典:コーヒー好きは絶対必見!注目すべき清澄白河の「カフェ・コーヒーショップ」5選 | RETRIP[リトリップ]

 

清澄白河の印象は、

  • 東京の下町っていう感じ(高層ビルがなく空が広い)
  • とにかくおちついた雰囲気。
  • おしゃれな人が多い。(美人も多い)

やっぱりアートの街でもあるからなんですかねー。アンテナというか感度が高い人が多そうなイメージ。三宿と似たような雰囲気を感じました。

 

【1】オールプレス エスプレッソ 東京ロースタリー&カフェ

f:id:Lync:20160710193736j:image 

まずお店がおしゃれです。

 

イチオシメニュー

こちらのお店でぜひ頼んで欲しいメニューが「フラットホワイト」というメニュー。エスプレッソにスチームミルクを注ぐ感じでほぼラテなのですが、ここのフラットホワイトは本当に美味しい。

▼フラットホワイト(430円)

f:id:Lync:20160710193803j:image

 エスプレッソの新鮮さと酸味、きめ細かいミルクのクリーミーさがあいまってこれ以上ない旨味を引き出しています。これをはじめて飲んだ時は本当に衝撃でした。

 

ちょっと残念な点

ちょっと残念なのが席数が少ないこと。全部で16席。ただ、他のカフェやレストラン、ホテル等にコーヒー豆を卸すのがメインの事業らしいので仕方ないと思います。

 

【2】ikiエスプレッソ

f:id:Lync:20160710200046p:plain

出典:iki ESPRESSO TOKYO

ここはコーヒーの味もさることながら、すべて手づくりのフードのレベルが高いのも特徴。

落ち着いたおしゃれな店内と気取らないフランクな店員さんの接客がとてもしっくりくるお店です。

オールプレスエスプレッソやブルーボトルコーヒーは席数が少なめで、PCで作業をできる雰囲気ではないですが、こちらはわりとゆったりとした作りになっているので、作業もしやすいです。(実際にカタカタやってる人も多いです)

こちらはラテ(480円)。

f:id:Lync:20160710195531j:plain

 

イチオシメニュー

店員さんが自信を持って紹介してくれたのがミルクレープ。濃厚な味なのですが、サワークリームで後味がスッキリ。

▼ミルクレープ(550円)

f:id:Lync:20160710195249j:plain

 

【3】ブルーボトルコーヒー

そして言わずと知れたブルーボトルコーヒー。青山や新宿に出来たこともあり、オープン当初の盛り上がりとくらべて随分落ち着きましたが、やはり店内は賑わっていますね。こちらはラテ▼。

f:id:Lync:20160710200402j:image

 

 


いかがでしたでしょうか?

清澄白河はまだまだ行ってみたいカフェがいっぱいあるので、ちょくちょくお出かけしてこちらの記事に追記していきたいですね。

今のところのオススメは、ゆっくりしたいならikiエスプレッソ、コーヒーを楽しみたい!というならぜひオールプレスエスプレッソですかね。