読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LinkRingBlog

オススメの雑貨紹介、遊びや旅行のネタ紹介、千葉大好き、ちょっと真面目な読み物などなど。

日産『セレナ』に搭載される自動運転機能をザックリと説明しよう

f:id:Lync:20160717125545j:plain

出典:日産|新型「セレナ」フルモデルチェンジ|2016年8月24日発売!

 

自動運転、アメリカでの事故の影響もあって注目されてますね。

日本では8月下旬に発売されるセレナに自動運転機能が搭載されます。今更ですが、この自動運転機能、どういったものか東洋経済オンラインの記事を参照して振り返ってみようと思います。

 

『ハンドルから手をはなしていいんでしょ?』なんて思っている方にはぜひ読んでいただきたいです!

 

日産『セレナ』に搭載される自動運転機能をザックリと説明します!

自動運転機能つき自動車の発売日は?

日産自動車は国内自動車メーカーとして初めて、自動運転技術を搭載した自動車である新型「セレナ」を8月下旬に発売する。

出典:日産、"自動運転"を「セレナ」に搭載する意味 | 自動車 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

 

自動運転機能はあくまで「運転支援技術」

国土交通省と警察庁は現在実用化されている「自動運転」機能は「運転支援技術」であり、機能を過信せず責任を持って安全運転を行うようドライバーに呼びかけた。

出典:日産、"自動運転"を「セレナ」に搭載する意味 | 自動車 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

 

ちなみに自動運転中の事故の責任は、ドライバーにある。これについての解説は、東洋経済の記事が非常にわかりやすい。

f:id:Lync:20160801193754j:plain

出典:自動運転、国内で報告された不具合と実態 | 自動車 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

 

官民ITS構想では、自動運転を4つのレベルに分けて定義している。

現在では、テスラ、日産、メルセデスとも、自動運転の定義ではレベル2にとどまっている状況だ。レベル2は複数の操作をシステムが行うものの、運転の責任はドライバーが負うことになる。

 

日産の自動運転機能「プロパイロット」とは?

日産が開発した技術「プロパイロット」は高速道路の単一車線において、時速30~100キロの範囲内で前方を走行する車との車間距離を保つ。具体的にはフロントウィンドウの上部に設置した単眼カメラと画像処理ソフトで道路上の白線と前方の車両を認識し、ハンドル、アクセル、ブレーキを自動制御する。

出典:日産、"自動運転"を「セレナ」に搭載する意味 | 自動車 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

 

セレナに搭載される「プロパイロット」では、安全に使ってもらうため、ドライバーはハンドルに手を添えていることが求められ、手を離すと5秒ほどで音とディスプレイで警告が出る。さらに10秒経過すると自動運転モードは解除される。

出典:日産、"自動運転"を「セレナ」に搭載する意味 | 自動車 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

 

プロパイロットの注意点

プロパイロットは、ドライバーの居眠りや脇見など不注意運転は感知できない。日産も今後の開発ではドライバーの監視機能を強化する考えだ。

出典:日産、"自動運転"を「セレナ」に搭載する意味 | 自動車 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準