LinkRingBlog

オススメの雑貨紹介、遊びや旅行のネタ紹介、千葉大好き、ちょっと真面目な読み物などなど。

今、注目のオシャレスニーカー6選。コーディネートのコツとあわせてご紹介!

f:id:Lync:20160822122955j:plain

出典:http://topicks.jp/61467

 

最近スニーカーがとても気になってます。

 

ここしばらくはプライベートもビジネスも革靴を履くスタイルにしようかなぁと思ってたんですが、やっぱりスニーカースタイルの服も着たいなぁと思ってまして。

 

今回は、ファッション誌などでも取り上げられることの多い注目のオシャレスニーカーをご紹介します!スニーカーコーディネートのコツも必見!

 

今、注目のオシャレスニーカー6選 

アディダス スタンスミス

f:id:Lync:20160822121856j:plain

出典:http://depwing.com/others/8148/ 

言わずもがなのアディダスの名作、スタンスミス。

ABCマートなどの街の靴屋さんでも入手可能ですが、セレクトショップに行くとコラボ商品が売られていることもあります。靴探しのお出かけをするのもおもしろそうですね。

 

Reebok CLASSIC フューリーライト

f:id:Lync:20160820022629j:plain

出典:Reebokの新作「フューリーライト」が1万円で流行の予感

メッシュ素材を使用したアッパーが印象的。税込10,260円という価格も魅力。ABCマート限定モデルがあるが、これがまたオシャレだなぁと。

▼ビーチストーン(ABCマート限定モデル)

f:id:Lync:20160820022841j:plain

出典:Reebokの新作「フューリーライト」が1万円で流行の予感

 


Hender Scheme エンダースキーマ "manual industrial products 12"

f:id:Lync:20160820023314j:plain

出典:http://www.rroomm-hp.com/new-arrival/41077.html

 

ヌメ革素材のシンプルなデザイン。その潔さとカッコよさにはもううっとりしてしまうほど。56,000円という価格がやはりネックか…。

 

ニューバランス M1400

f:id:Lync:20160820131756j:plain

出典:再入荷!New Balance for J.CREW M1400 & M998 | 東京・中目黒 Current Generalstore

 

そしてド定番のニューバランスM1400。どの色も欲しくなってしまうんですよねー。

 

PUMA MATCH 74 for Select Made in Japan

f:id:Lync:20160821002909j:plain

出典:PUMA MATCH 74 for Select Made in Japan On Sale! | SHOES MASTER

PUMA MATCH 74 for Select Made in Japanは、1960年代に誕生した「プーマテニス」の名品“MATCH 74(マッチ 74)”をベースに、日本を代表する5社のセレクトショップとコラボーレションしたスニーカー。

2015年に発売されたものなので、いまはオークションなどでしか入手できないと思われます。ですが、これがまたカッコいいんですよねぇ。

f:id:Lync:20160821003226j:plain

出典:PUMA “Match 74” x セレクトショップ5社のスペシャルコラボ | HYPEBEAST

 

オニツカタイガー

f:id:Lync:20160821105926j:plain

出典:NU茶屋町 - Onitsuka Tiger -

 オニツカタイガーのお店にはぜひ一度行って欲しいと思います!とにかくカラーバリエーションが豊富で、どれもオシャレ。気になるスニーカーが一足は見つかること間違いなしです。

そういえばこのオニツカタイガーのデザイン『どこかで見たことあるなぁ』と思いませんか?そう、オニツカタイガーは創業後、あのアシックスに経営統合された後、復活したブランドなんですよね。

  

【番外編】スニーカーのコーディネートのコツ

スニーカーのコーディネートにおいてぜひ見方に付けたいのが『視覚効果』。ボトムの色とスニーカーの色を同色系でまとめると、靴と脚の境界線があいまいになり、足長効果が生まれるんです。

ちなみにこれは「服を着るならこんなふうに」というマンガの1巻に記載されていた技。この本は、ダサい主人公男がオシャレな妹にファッションのいろはを教えてもらう、というベタなストーリーのマンガ(しかも妹がかなりカワイイ!)。

ファッションの参考にもなるし、ストーリーだけでもけっこう楽しめるので、よろしければぜひ。

 

 

これ欲しい!と思ったスニーカーがあれば、その色からボトムを決めて…っていうコーディネートの仕方もありですね。

ちなみにこの「境界線をあいまいにする」という技、ボトムとトップスでも使えるそうです。胴と脚の境界をあいまいにすることで脚長効果を狙うことができるとのことです。

 

ただ、これはもちろん『スニーカーとボトムは同色系にしなければいけない』というわけではありません

先ほどご紹介した服を着るならこんなふうにの3巻に記載されておりますが、『脚長に見せることだけがオシャレじゃないし、バリエーションを増やす意味では、脚長にこだわらないスタイルがあっても良い』のです。

 

 

【番外編】オールデン(革靴)

と、注目のスニーカーたちをご紹介してきたものの、やはり革靴はいいなぁと。そしてぼくがいつか欲しいなと思っている革靴、オールデン。というか、いつかはオールデンで靴を揃えたい…。

▼オールデン チャッカブーツ

f:id:Lync:20160822122640j:plain

出典:http://www.rebroth.com/works/203.html

いやぁ。めっちゃかっこいいですねこれ。ただお値段が…。日々夢だけが膨らみます。 

 

 【番外編】パドローネ(革靴)

f:id:Lync:20160822120701j:plain

そしてもうひとつ番外編の革靴、『パドローネ』。パドローネはブランド位から製造を請け負っている工場のオリジナルブランド。パドローネはコムデギャルソンの靴を手がけていた工場のオリジナルブランドです。

これもカッコいいんですよねぇ。