読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LinkRingBlog

オススメの雑貨紹介、遊びや旅行のネタ紹介、千葉大好き、ちょっと真面目な読み物などなど。

【書評】タスク管理の決定版?タスクがうまく回らない人は「マニャーナの法則」を試してみるといいかも。

書評

f:id:Lync:20170319174526j:plain

どうも!リンク(@Lync999)です。

 

最近読んだタスク管理の本「仕事に追われない仕事術 マニャーナの法則 完全版」が大変参考になったので紹介します。

タスク管理本は何冊か読んだけど、いまいちモノにできない…という方にオススメです。

『仕事に追われない仕事術 マニャーナの法則 完全版』レビュー

 

突然ですが、タスク管理ってどうしてますか?

 

ToDoリストを使ったり、GTDなど本格的なタスク管理の仕組みを使っている人もいると思いますが、
色々試してみたものの、うまくいかず諦めてしまった人もいるのではないでしょうか?

 

この本で紹介されているマニャーナの法則はそんな人にこそ試して頂きたいタスク管理方法です。

 

一般のタスク管理方法や仕事の進め方からすると「えっ?」となってしまう方法です。

 

「忙しいだけの仕事」に振り回されるな!

仕事には「本当の仕事」と「忙しいだけの仕事」があります。

たとえば本来であれば、アシスタントに頼むべき仕事。これを自分でやった場合、それは「忙しいだけの仕事」をこなしただけで、「本当の仕事」をやったとは言えません。

 

良く言われる「すぐ終わることはすぐやってしまおう!」という方法論は、一歩間違えてしまうと「忙しいだけの仕事」に飛びつく元凶になってしまいます。

 

まずはタスクを依頼されたときに、「それが本当の仕事か?」を見極める力をつけましょう。だれかにお願いできる仕事を自分でやっていたとしたら、それは「忙しいだけの仕事」をこなしたに過ぎません。

 

マニャーナの法則とは?

マニャーナの法則によるタスク管理では、その日に依頼されたタスクは、基本的に翌日以降に実施します。

 

その日にやるタスクは前日までに作成しておいた「Will Doリスト」にそって行います。これはToDoリストと違って、付け足しができないリスト。

 

その日にきたタスクは、翌日のWill Doリストに「◯◯について確認する」と書くだけ。その日に着手することはありません。

 

ただし、本当の緊急事態は別。例えば消防士は火事が起きたら鎮火に出動する必要があります。

 

マニャーナの法則によるメリット

「今日来たタスクをやるのは明日以降」というマニャーナの法則を徹底するだけで、一日の流れが、把握できるようになります。

つまり「これが終わったら今日は帰る」というラインが明らかになります。

 

その日にやらないといけないタスクは全て把握しているので、「次なにやろうかなぁ」とあーでもないこーでもないしているムダな時間もなくなります。タスクへの集中力もアップするでしょう。

 

最後に

「すぐに終わるタスクはすぐにやる」という方針でタスク処理をしていた僕にとって、マニャーナの法則はかなり抵抗があるものでした。ただし、導入してみればその効果は歴然。

タスクの質も上がったと感じるし、退勤時間も早くなった。その分を勉強やプライベートの時間にあてることが出来てストレスもだいぶ減ったなぁと感じる。

 

マニャーナの法則、ぜひ試してみてはいかがでしょうか!?