LinkRingBlog

オススメの雑貨紹介、遊びや旅行のネタ紹介、千葉大好き、ちょっと真面目な読み物などなど。

【投資】僕が買った投資信託をご紹介!

どうも!リンク(@Lync999)です。

 

先日のエントリーにて投資信託を再開したことを書きました。

 

今回は、どの商品を買ったかについて書こうと思います。

 

投資信託はインデックスファンド、ノーロードの商品を選ぶ

アクティブファンドではなく、インデックスファンドを選ぶ

投資信託には、アクティブファンドとインデックスファンドがあります。

インデックスファンドは日経平均やTOPIXなどの経済指標と同じような値動きをするようにつくられた投資信託です。一方で、アクティブファンドは、インデックスファンドを上回るように、ファンドマネージャが商品を組み合わせてつくる投資信託です。

さて、ここで選ぶのはアクティブファンドではなく、インデックスファンドです。長期的にみれば、アクティブファンドよりもインデックスファンドのほうが儲かることが分かっているからです。(ここのところは以前の記事にまとめました)

 

ノーロードで信託報酬が低い商品を選ぶ

また投資信託を選ぶときに重要なのが、購入するときの手数料。購入時に手数料がかからない商品は「ノーロード」と言われます。投資信託はノーロードの商品を選ぶましょう。さらにその中から、信託報酬などの維持手数料が少ない商品を選びます。

株式市場の期待リターンは、だいたい5%くらいと言われます。それを考えると、投信信託の販売手数料や信託報酬が数%に及ぶと、この期待リターンを相殺してしまうことが分かるでしょう。

投資信託選びは、とにかく手数料が低いインデックスファンドを選ぶことがポイントです。

 

僕が選んだ投資信託

ということで僕が選んだ商品を4つご紹介します。

  • <購入・換金手数料なし>ニッセイ日経平均インデックスファンド
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイ国内債券インデックスファンド
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国債券インデックスファンド

いずれも買い付け手数料がゼロの「ノーロード」で、ファンドの管理費用は0.2%程度と低額です。これらにそれぞれ1万円ずつ、合計4万円を積み立てることにしました。

運用成績は追って紹介していきたいと思います。

 

最後に

最後に、投資をはじめるにあたってオススメの本を2冊ご紹介します。どちらも少し古い本ですが、投資をするにあたっておさえておきたい知識をわかりやすくまとめてくれています。

 

 

番外編

最近になって、楽天証券以外に『ウェルスナビ』というサービスに登録して投資信託をはじめました。

ウェルスナビは自動で国際分散投資をしてくれるロボアドバイザーです。かかる費用は年率1%の手数料だけ。詳細はウェルスナビのウェブページをご参照頂ければと思いますが、けっこう良さげです。しばらく使ってみてレポートしたいと思います。