LinkRingBlog

オススメの雑貨紹介、遊びや旅行のネタ紹介、千葉大好き、ちょっと真面目な読み物などなど。

水虫を自力で治す方法

この記事では、水虫を自力で治す方法について紹介します。

 

水虫に困っている人は少なくないと思います。

ぼくが水虫になったのは2回目。。。

1回目は皮膚科に行ったのですが、今回は自力で治しました。

 

今回は、ぼくが水虫を自力で治した方法をご紹介します。

 

水虫は足のムレを防ぐことで治す

水虫は足のムレが大好きです。ぼくは足のムレを防ぐために、以下でご紹介することをしています。

 

革靴は3足を履き回す

革靴は3足を順繰りで。その日に履いた革靴は、かならず2日空けてから履くようにしています。革靴の中の汗が乾くまでは2日間くらいかかかるそうなので、2足ではなく3足で履き回すようにしています。

 

革靴にシューキーパーをいれる。

f:id:Lync:20180530202106j:plain

また、家に帰って革靴を脱いだら必ずシューキーパーを入れるようにしています。レッドシダー製のシューキーパーなど吸湿性の高い素材のものを使うと、しっかりと靴が乾くようになるのでおすすめです。

また、シューキーパーを入れると革靴の形も崩れにくくなるのでおすすめです。

 

 

内勤のときはスリッパに履き替える。

たとえしっかり革靴を乾燥させたとしても、長時間、履いているとどうしてもムレてきてきてしまいます。許されるのであれば、内勤のときはスリッパに履き替えるなどして、足のムレを防止しましょう。

ビルケンシュトックの「アリゾナ」のブラックは目立ちにくいですし、ゴムのような素材で、汗がしみこむこともないので、おすすめしたいアイテムです。

 

 

足のお手入れを大事に 

毎日、お風呂でしっかり足を洗う。

足は清潔に心がけるようにしましょう。毎日、お風呂で丁寧に洗い、汗や一日の汚れをしっかり落とします。

 

水虫薬を風呂上がりに毎日塗る。

水虫の薬を使うことは、水虫を治す上で一番大切だと思います。薬局などで売っていますので、これを買って毎日お風呂上がり塗りましょう。「一日一回で効く」という商品が多いですが、ぼくはお昼にもトイレで塗るようにしていました。

ぼくが使っていた薬は「ラミシール」という薬です。

 

いかがでしたでしょうか?

ぼくは今回ご紹介したことを続けることで、水虫がかなり改善しました。今はかゆみもなく、肌もキレイな状態です。

ただし、自力でやってみて気づいたのは、皮膚科に行ったほうが意外と安上がりで済むということです。その理由は薬代。薬局で薬を買うよりも、病院にいって処方せんを出してもらったほうが保険が効くので、結果安く済みます。

薬がなくなるたびに病院に行けば、都度、経過を診断してれると思います。その点をあげても病院に通って治すのがベストなのかもしれません。