積立NISAで子どもの学費を積み立てる

2人目の子どもが産まれたのを機に、子供らの将来の学費を貯めていくことにした。

 

「子供の学費を貯めるといえば学資保険」というイメージがあるが、そもそも学資保険は「保険」で、自分が死んだときの学費保証がメリットだ。そのため、自分が死んだときは満額振り込まれるものの、無事生きられた場合のリターンはもらえて数パーセント。最近は元本割れもしているらしい。

 

しかも、そもそも自分が死んだときの保障であれば、それは生命保険でするべきだ。また、将来の学費目的で長期で積み立てるのであれば、リスクはあれどリターンが期待できたほうがいいなぁということで、子供の学費は「積立NISA」で行うことにした。

 

ちなみにかんぽ生命の学資保険の場合、月額1.5万円強(1人あたり)の保険料で、満額は300万程度。生命保険で300万の保障を増やすのであれば、月額1.5万はかからないので生命保険のほうがトクかなぁと思う。

 

選んだ商品とポートフォリオ

ぼくが契約しているのはSBI証券で、選んだ商品は以下の2つ。

  • ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
  • ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド

いずれも手数料が安い、インデックスファンドのものを選んだ。

 

毎月の積立額は、積立NISAの年間投資枠40万円をフルに使うことにして、月額3.3万円。支給されたこども手当をそのまま突っ込もうと思っている。

 

商品の投資比率は、外国株式のほうを9、TOPIXのほうを1とした。

これは「なぜ投資のプロはサルに負けるのか?」という本を読み、そこに記載されていたアセットアロケーション
外国株:日本株:海外債権=85:15:50を参考にしたもの。

85:15は、日本株:外国株の時価総額比率(出版当時)で、50の海外債権はリスク回避のために組み入れるというロジックになっている。

現在の日本株:外国株の時価総額比率は以下URLによると、92.3:7.7ということなので、僕の外国株:日本株の比率は90:10ということにした。

世界各国のPER・PBR・時価総額 (毎月更新) - myINDEX

 

本当はリスクヘッジのためにこれに海外債権を入れたかったのですが、ぼくが契約しているSBI証券の積立NISAのラインナップには海外債権のインデックスファンドがないようだ。

ということで、しばらくは上記にて積立投資をしようと思う。

なぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方

なぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方

  • 作者:藤沢 数希
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2006/12/08
  • メディア: 単行本