床掃除は「ルンバ」にまかせる

f:id:Lync:20200124000145j:image

ルンバを買ってみた。


床掃除の時間を短縮したいという思いと、ロボット掃除機を使ったことがなくて、実際に使ってみたいという思いがあった。


いまは1万円くらいのロボット掃除機で十分というレビューも見たが、ここはネームバリューとデファクトスタンダードということでルンバにした。


購入したのは、5.5万くらいのこのモデル。Amazonで購入した。この機種は、2018年の家電大賞らしい。

 

いちおう公式のリンクも記載しておく。

https://www.irobot-jp.com/product/e5/

 


最近のルンバの最上位機種は、自動ゴミ収集機能や、スマートマッピング機能などがある(詳しくはWebで調べて欲しい)が、価格は14万円もする。魅力的な機能ではあるが、予算感がマッチしないと考えて、これは見送りとした。さすがに掃除機に14万はキツい。


ちなみにこれが最上位モデルだ。しばらく待てば、きっと値段が安くなってくるだろう。 

 
さて、ルンバを実際に使った感想だが、いい意味で期待を裏切ってくれた。
当初は「まぁ6割くらい掃除してくれたらいいかな」というレベルだったのだが、使ってみたところ細かいホコリも含めてかなりキレイにしてくれる。これは本当に驚きだった。

 

実際にルンバのダストボックスを見てみると、ゴッソリとホコリが取れていることが確認できる。


今では、家を出るときに床においてあるものをテーブルの上に置いたり、イスを少し引いて、ルンバの通り道を作ってから外出している。


しかしその手間も面倒なので、そもそもあまり床にモノを置かなくなった。必要なものはきちんと収納し、必要ないモノは廃棄。
ルンバによってモノの量自体が減ったことも副次的効果のひとつだ。


なんにせよ、これはかなり買いの商品だと思う。普段の床掃除はルンバにおまかせで、休日はルンバが入れない場所をピンポイントでダイソンをかけるだけになった。ルンバのおかげで床掃除にかける時間は週に5分かからないくらいにもなったのだ。

 

ルンバのおかげで、毎日きれいな部屋で気持ちよく過ごすことができる。家事の時短ができ、浮いた時間を好きなことにかけられる。

いまはもう、ルンバがない生活など考えられない。