服を買うならZARAかH&Mかユニクロで。

服はファストファッションを使って安く済ませることにしている。


昔は「いいものを長く使う」という価値観に憧れていた。実際そうあるべきだと思って、大学時代は今思えばびっくりするほどいいお値段の服を着ていたと思う(もちろん長く使うと思っていた前提で買っていた)


ただ、翌年になって思うのは結局「着る服ないなぁ。新しい服買いに行こう」なのだ。つまるところ、いいものを長く使うなんてことが出来ず、毎年新しい服を買っていた。


ここでようやっと自分は「いいものを長く使う」ができない人間なのだと気づいた。


それからはひたすらファストファッションだ。H&MやZARAで、いい感じだなと思った服に目をつけたら、WEREアプリで似たようなコーディネートを検索し、それを真似て服を買う。コーディネートと言ってもそもそもの金額が安いので、合計金額も安いものだ。


ZARAやH&Mはファストファッションなので流行を追った服が置いてあるのも良い。


パンツやTシャツはユニクロで買うことが多い。どこかで聞いた話だが、ユニクロが利用している素材の品質は、普通では考えられないような価格帯らしい。

 

服のパターン数は、毎シーズンで3パターン程度用意することにしている。平日はスーツなので、これ以上用意してもどうせベストスリーの中から着ることになる(ベストスリー未満のコーディネートはどうせ着ない)

コーディネートは忘れないように写真を撮るようにもしている。


そして、着なくなった服は近所の古着屋に持っていって買い取ってもらっている。「着なくなった服がどうか?」は押し出しファイリングの要領で服を整理しているので、簡単に判別できる。

クローゼットの洋服は「押出しファイリング」で整理する - LinkRingBlog