シンプルなルールでダイエットをすることにした

f:id:Lync:20200720230712p:plain

 

タンパク質中心の食事に切り替えた。

サウナでたるんだ自分の体を見たことが原因で、体を絞ろうと思ったからだ。

ただ、食事制限をしている意識はなく、キツイと感じていない。

 

タンパク質中心の食事

タンパク質は、1日あたり【体重×1.6グラム】を取ると、効果的に体重が落ちていくそうだ。僕の場合は、体重が75kgなので、75×1.6=120gを取るのが効果的ということになる。

朝晩にプロテインで30gずつ取っているので、残り60gのタンパク質を食事で取る。昼はコンビニ飯なので、コンビニの成分表示を見て、昼に60gのほとんどを取るようにしている。 

で、タンパク質中心の食事でなぜダイエットができるかというと、タンパク質は空腹感を抑える(お腹を空きにくくする)効果があるので、結果的に食事制限になるからだ。

たしかに朝のプロテインでだいぶお腹がいっぱいになり、昼もタンパク質中心で食べるとお腹がいっぱいになりで、とにかく間食が減っている。昼と夜は米(炭水化物)も食べるが、明らかにその量が減っている。

詳しくはDaigo様のこちらの動画を参照のこと。


12週間で体脂肪9%減!科学的に正しい飲むだけダイエットがこちら

 

無理のない範囲で運動を行う

上の動画で、プロテインを飲む習慣と筋トレを組み合わせることにより、内蔵脂肪も大きく減らすことができると紹介されている。

そこで、こちらもDaigo様おすすめのHIITを始めることにした。20秒間パーピー、10秒間休憩を8セット、合計4分間のエクササイズだ。頻度は週3回。


【筋トレ】全身の筋肉強化に 正しいBurpee Jump(バーピージャンプ) with Elena Tsushima

 

もともと運動はキライではないので、キツいが気持ちよくやっている。翌日は筋肉痛がひどいので、筋肉への負荷はだいぶあるのだと思う。 

体重計にも毎日乗るようにしている。勝手にグラフを作ってくれるタイプの体重計を利用しているので推移がバッチリ把握できる。

www.linkringblog.com

まだ初めて数日なのもあり、数字(体重)には出てきていないが、継続していきたい。 

 

BCAAも併用する

要するに、プロテイン(タンパク質中心の食事)でのダイエットというのは食事制限によるダイエットなわけだが、脂肪を落としたいのに、筋肉が落ちることは避けたい。筋肉が落ちてしまうと基礎代謝が落ちてしまうので、痩せにくくなるからだ。

そこでプロテインとあわせて飲みたいのが、BCAAだ。これは「痩せない豚は幻想を捨てろ|テキーラ村上公式ブログ」というブログを読んで知った。

BCAAには

  • 筋肉の合成を促進する
  • 筋肉の分解を抑える
  • 運動中の筋持久力が上がる
  • 筋疲労・筋肉痛の軽減

参照: BCAA(必須アミノ酸)のダイエット効果・飲み方まとめ【BCAAダイエット】 - 痩せない豚は幻想を捨てろ|テキーラ村上公式ブログ

という効果があるそうだ。

テキ村式を参考に、朝起きたらBCAAを飲む。BCAAを飲んだあとにすぐプロテインを飲むとプロテインの効果が減ってしまうというので、簡単に家事をして、洗顔してから、プロテインを飲むようにしている。昼間もこまめにBCAAを取っている。

  

シンプルな習慣で体を絞りたい

僕は何度かダイエット(というか筋トレ)に失敗しており、これがはじめてのチャレンジではない。学生時代は完全に体育会系だったので、どうしても今の生活に合わないメニューを考えてしまうのが原因だと思っている。

複雑なルールやキツすぎるダイエットがうまくいかない。今回はシンプルなルールで、長期化(習慣化)にこだわりたい。

いまのところ、僕のダイエットのルールは

  1. タンパク質中心の食事(1日120g)をする。
  2. 週3回のHIITをする。
  3. 体重計に毎日乗る。
  4. BCAAを飲む(1日1リットルに適量溶かして飲む)
  5. よく寝る(1日7時間)

の5つ。適宜進捗をアップしていきたい。