クレジットカードとポイントカードの断捨離。Amazonゴールドカードをメインに

f:id:Lync:20200811202550j:image

クレジットカードをガシガシ解約している。以前は用途に応じてカードを作っていたが、

  • メインのカードしかほとんど使わない
  • 財布をなくした時のリスク(どのカードを止めれば良いのかわからない)

を考えるとメインのカード以外は解約したほうがよいと考えた。

僕はAmazonでの買い物が多いので、Amazonゴールドカードを使うのがお得だ。Amazonの買い物でのポイント還元率は2.5%だし、それ以外での買い物も1%還元される。還元率は悪くないと思う。

街での買い物は、Amazonカードに付帯されている「iD」のタッチ決済でパパっと済ませることにしている。

ポイントはAmazonポイントで還元される(次回のAmazonの買い物で使える)のも、Amazonカードの気に入っているところのひとつだ。

 

Amazonゴールドカードの注意点 

Amazonゴールドカードの注意点は、普通に契約すると「マイぺいすリボ」というリボ払いサービスに勝手に契約されること。もちろんリボ払いなど言語道断。こちらのカスタマーレビューに、丁寧にリボの利息を回避する設定方法を書いてくれているので、これに従おう。

「マイペイすリボ」の仕組みと設定を理解しておかないとお得なカードにはならない。

具体的な対応方法は、上記のリンク内に書かれている通り、

カードが手元に届いたらすぐに三井住友カードの「リボ・分割デスク」に電話して「毎月のお支払い金額」を「カード利用可能額と同額」に引き上げました(わたしの場合は150万円)。電話以外の方法としては「Vpass」というネット上でクレジットカードの支払い設定を変更することもできます。

という操作をすること。これですべての支払いが実質1回払いとなるので、高額なリボ払いの利息を払う必要がなくなる。この初期設定さえ忘れなければ(そして当たり前だが月々の支払いを滞納しなければ)安全に使える良いカードだ。リボ払い、ダメ、絶対!!!!

 

ポイントカードも断捨離する

最近はクレジットカードに続いてポイントカードも断捨離している。お店での買い物はAmazonカードの1%還元で良しとして、ポイントカードとのポイント2重取りはキッパリとあきらめる。代わりポイントカードのない身軽な生活と短い決済時間を取るのだ。今はほとんどのお店がiDに対応していて、AppleWatchに登録したAmazonカードのiDでパパッとお会計が済む。スムーズにお会計ができて、とにかくラクだ。