スマートスピーカーを買ってみた。

f:id:Lync:20200929130125j:image

先日、堀江貴文さんの「理不尽に逆らえ。: 真の自由を手に入れる生き方 (ポプラ新書)」を読み、そこで紹介されていたスマートスピーカーに興味を持った。

スマートスピーカーは、同じ質問でも飽きずにいつまでも付き合ってくれるし、子どものほうも、スマートスピーカーがちゃんと答えてくれるように、きちんとした発音や文法を意識するのだそうだ。ぼく自身、2児の父であるし、こう言われてしまっては買うしかない。ということで、AmazonEchoを買ってみた。

 

とにかく子供が楽しそう

買ってみて簡単に使い方を教えると、上の子(3歳3ヶ月)が早速楽しそうに使っている。朝起きると「アレクサ、おはよう!」というし、保育園に行くときは「アレクサ、いってきまーす!」、帰ってくると「アレクサ、ただいま!」という感じだ。アレクサがきちんと聞き取ってくれるか不安だったが、子どもの声にも問題なく反応してくれている。眠るときは「アレクサ、子守唄歌って」というと、アマゾンオリジナルの子守唄をアレクサの声で歌ってくれる。

また「〇〇ってなにー?」と子どもに聞かれたときは「アレクサに聞いてみようか?」と言ってみたりしている。すると子どもが自ら「アレクサ、〇〇ってなにー?」と聞いている。アレクサは辞書から言葉の意味を答えてくれえるのだが、もちろん子どもがそのまま理解するのは難しい。ということで、ぼくが「アレクサは、こうゆうこと言ってたよ」という感じで要約をするのだ。

さらに、アマゾンミュージックも面白い。「アレクサ、〇〇かけて」というと、アマゾンミュージックで音楽を再生してくれる。子どもが勝手にお気に入りの音楽をかけたりしていて面白い。

AmazonEchoが家に来てから、アレクサを使って遊ぶことで、子どもとのコミュニケーションが増えた気がする。 

 

ルンバとの連携が意外と便利

もうひとつ、家電を声で操作することができるのも意外と便利だ。ぼくはルンバの連携に使っている。アレクサアプリで連携設定を実施すると「アレクサ、ルンバをオンにして」でルンバが動き始める。外出する直前に声でルンバを起動しているようにしているが、起動するまでの手間が短縮されてすごくラクに感じている。