メガバンクではなく、ネット銀行をメインにするべき。

メガバンクをメインにする理由が見当たらない。オンライン機能の使いやすさでも、手数料の安さでもネット銀行をメインにするべきだと思う。

僕は、ネット銀行は住信SBIネット銀行を利用している。はじめはソニー銀行を使っていたが、住宅ローンを組むにあたり、住信SBIネット銀行に切り替えた(最も金利が安かった)。それ以来、給与振り込み口座も、カードの引き落し口座も住信SBIネット銀行にしている。

現金が必要になった際は、セブンイレブンかローソンのATMで下ろす。回数限定だが、手数料はかからない。セブンイレブンなんてどこにでもあるし、場所に困ったこともない。ちなみに下ろすときは「アプリでATM」という機能を使う。これは住信SBI銀行のアプリを利用することでキャッシュカードを使わずに現金を下ろすことができる機能だ。キャッシュカードを持ち歩かなくて済むのも自分的には大きなメリットだ。

スマホでATMから現金をおろせる「アプリでATM」を住信SBIネット銀行がスタート! - 価格.comマガジン

 

他行宛ての口座振込みも、住宅ローンの優遇で、毎月数回は手数料無しで振込みができる。僕は住信SBIネット銀行にしてから、振込で手数料を払うことがなくなった。

メガバンクのように実店舗を展開する必要もないし、ATMの維持保守に費用をかける必要もないので、このような施策ができるのだろう。以前、見た新聞記事ではATMは1台につき維持費用が月30万かかるのだそうだ。

銀行ATM、月30万円の維持費が重荷 共通化の時代へ:朝日新聞デジタル

 

ただ、僕の場合、奨学金の引き落とし口座の用途で、三菱UFJ銀行を残している。日本学生支援機構の奨学金はメガバンクからしか引き落としできないようなのだ。ただし、住信SBIネット銀行から三菱UFJ銀行のほうに定額自動振込で、毎月一定額を振り込んでいるので、実質ほったらかしだ。奨学金を払い終えたら、いまのところメガバンクは不要になる。ただし、メガバンクしか指定できないサービスもあると思うので、メガバンクを完全に解約してしまうと不便が生じてしまうかもしれない。ただメガバンクの口座がメインになることはもうないだろうと思う。