クローゼットの洋服は「押し出しファイリング」で整理する

f:id:Lync:20171018204744j:plain

 

ぼくは「押し出しファイリング」を使って、クローゼットの洋服を整理している。「押し出しファイリング」とは、野口悠紀雄さんが著書『「超」整理法』の中で提唱した書類を整理する手法で、次のようなルールだ。

 

新たに到着した資料や書類は、同じように封筒に入れて、本棚の左端に入れる。取り出して使ったものは、左端に戻す。このような操作を続けてゆくと、使わないファイルは、次第に右に「押出されて」ゆく(このために「押し出し式」と呼んでいる)。端に来たものは使わなかったものなので、不要である確立が高い。そこで、確かめた上で捨てる。
参照:「超」整理法1 押出しファイリング (中公文庫)

クローゼットで「押出しファイリング」

まず、服は必ずハンガーに掛けてクローゼットに保管することにする。一度着た服をクローゼットに戻すときも必ず左端へ。そして新しく買った服もクローゼットの左端へかけるようにする。すると、よく着る服は左に、あまり着ない服は右にまとまっていく。

ポイントは「必ず」押出しファイリングの法則に従うこと。つまり「分類しようとしないこと」。Tシャツ、スーツ、コート・・・服の種類ごとに「分類したい」という本能が働くと思う。しかし、その気持ちに逆らって、直近に着た服を必ず左端にかけるようにする。

 

右のブロックの服は『売る』か『捨てる』

ここであまり着なくなった服がまとまっている右のブロックに注目してみる。

もし全然着ていない服があったら、捨てたり古着屋に持って行くことにしよう。毎年同じ服を着ているよりも、別の服を着ている方がオシャレに見られるし、どうせ着ない服を取っておくのはスペースの無駄だ。着なくなった服は定期的に処分して、新しい服を迎え入れる準備をするほうが良い。どうしても捨てられない服は、ミニクラなどに預けるのも良いだろう。

 

「押し出しファイリング」をはじめたらオシャレと褒められるようになった

ぼくがクローゼットの押し出しファイリングをはじめて気づいたのは、実際に着ている服の少なさだった。いつも着ていく服がなくて困っていたのだが、それもそのはず。クローゼットにある服のだいたい7〜8割が飽きて着ていない服だった。

そこでまずはこれらの着ない服を思い切って古着屋に持っていった。合計で2,000円程度にしかならなかったが、良かったのは着ない服がなくなったことだ。

それから、空いているスペースに新しい服を迎え入れようと、ショッピングに行った。一昔前であれば、セレクトショップで買っていたのだが、最近はユニクロやGU、ZARAやH&Mでなどのファストファッションの品質がかなり良い。なので、ZARAとH&Mとユニクロでガサっと買い足した。ユニクロをフルに使ったコーディネート指南本やメルマガもあるので、参考にすると良いと思う。

 

▼ちなみにぼくはこのシリーズを読みました。主人公の妹さんがカワイイ。

 

慣れてきたらWEAR→ZOZOTOWNのECで。

その後はZOZOのファッションコーディネートアプリ「WEAR」を使って買い物をしている。具体的な方法は別記事に書いているので、ぜひご覧いただきたいと思う。

WEARとZOZOTOWNがとても便利だと思う。 - LinkRingBlog