人感センサー付きの照明が素晴らしい・・・

先日、家の照明を人感センサー付きに変えようと思うという記事で発注していた、人感センサーつきの照明が届いたので、レビューしたい。結論からいうと、これは大満足。

僕が買ったのはパナソニックの「ひとセンサー」付きのLED電球だ。

電球自体にセンサーがついていて、通常の電球ソケットにこの電球を取り付けることで、通るだけで明かりがつく電球になる。

てはじめに3つ買って、廊下と洗面所に取り付けてみた。

f:id:Lync:20210108100323j:plain

まずは3つ購入してみた。

電源をオンの状態すると明かりがつき、しばらく待つと明かりが消えた。その後、電球の下を通ってみると自動で明かりがついた。在宅ワークをしていると、意外と電球のスイッチをオンにしたりオフにしたりしていて面倒だったが、この面倒くささから開放された。

ちなみに電源はつねにオンの状態にしておく必要がある。カタログによると毎時0.2Wほどの待機電力が必要になるとのことだが、電源をいちいちオンオフする労力に比べれば安いものだ。

あとは家の納戸用に、追加で買い足すことに決めた。トイレにもつけたいなぁと考えていたが、動いていないと消えてしまい、ゆっくりトイレをしたいときは不向きだなぁということでやめることにした。

一点、ネックをあげるとすれば、価格。ひとつ4,000円ほどするので決して安くはない。ただ電球に5年保証もついているので、まぁ良しとしようと思う。