ディズニーランドに行ってきた

f:id:Lync:20210607125010j:image

子どもの誕生日でディズニーランドホテルに泊まってきたのだが、翌日はディズニーランドに行ってきた。ホテルに宿泊すると、滞在日・チェックアウト日のチケットはホテルのチケットカウンターで必ず購入できるので、すごく良い(詳しくはこちら▼)

【公式】ディズニーホテルの運営について | 東京ディズニーリゾート

 

コロナの関係で、今回も人数制限中の来園だったが、人が少なく、アトラクションの待ち時間も少なくて満足度はかなり高め。今が異常だというのは分かりつつも、元に戻ったら満足度は低下してしまうだろうなぁと思った。

さて、今回は、新しいアトラクションのベイマックスのハッピーライドや、美女と野獣に乗ることができた。

美女と野獣は2回目だが、やっぱり感動する。なんというか「みんなで作るって良いなぁ」と思った。きっといろいろな種類のエンジニアが集まって、それぞれの知恵を出し合って一つの作品を作り上げるんだと思うが、一人では作りあげることができない限界・色々な人が集まって作るからこそできる作品なんだろうなぁと感じた。今の仕事はわりとみんなが同じようなことをやっていることもあり、羨ましいなぁと思った。

また、久しぶりに蒸気船マークトウェイン号に乗ったが、父親に連れてきてもらったことをふと思い出した(たぶん25年前くらい…ww)。

スマホをみんなが持つようになって、公式アプリが出来て、ファストパスはなくなってスタンバイパスになって。僕が母親と乗ったあのゴーカートはなくなって、新しいアトラクションもできて。でも変わらずマークトウェイン号やメリーゴーランドはそこにあって。パークの中は色々変わっていて、あの時のままじゃないのに、でもあの時のままのようにも感じる。そのバランスの取り方が絶妙だなぁと思った。

子どもの誕生日で来たはずなのに、自分が感動してしまう来園だった。もちろん、子どもしっかり楽しんでくれた。お誕生日シールをもらって、キャストの皆さんから「おめでとう!!」と声をかけてもらってにっこり。パークの皆様に感謝!


www.youtube.com